東京と静岡県間の引越しで掛かる費用は

東京都内から静岡県の各都市へ、静岡県から都内への引越しでは業者選びを失敗すると、残念な引越しになる可能性が高いです!!

 

「有名な引越し業者に頼んだけど、スタッフはきちんと研修を受けてなさそうな若者ばかり…」
「アクセサリー入った箱を紛失された!でも開き直ってて賠償してくれない!!(泣)」

 

適当に業者を選んで後悔してからでは遅いのです!!!

 

とはいえ…料金が高い業者よりは、安い業者に頼みたくなる人も多いですよね。
このサイトでは、料金的にもサービス的にも満足の行く引越しが出来るようにするための方法を記載しています。ぜひ参考にしてください!

荷造りした荷物の搬送方法には割り勘便やチャーター便等あります。県外の東京−静岡間の引越しでは業者が得意とする都市間があるので、そういう時には業者間の価格に差が大きく出たりするので一括見積もり比較で見比べてみましょう。

納得のいく引越しのために!【無料見積もりサイト】へGO!

東京−静岡県各市町村間の引越し料金相場は、単身で3万〜6万、二人で6万〜10万、三人以上で12万〜20万円程度が目安となりますが、これはあくまで平均的な価格ということです。それぞれの荷物の量や旧居、新居の立地条件、また繁忙期など細かい条件で料金は変動します。

 

その上、引越し料金は業者の方で自由に決められるのでバラバラです。

 

そこで!!【無料見積もりサイト】にアクセスし、複数の業者に見積もりを依頼してみましょう^^

 

無料見積もりサイトとは…。

 

【1】サイトにアクセスし、現住所や引越し先、荷物などを入力する
【2】送信ボタンを押し、後は待つだけ!!

 

これだけで、5社〜10社の業者から見積もりの連絡が届くという仕組みなのです!!
★大手から中小まで、信頼できる企業ばかりが登録しているので安心です★

 


 

 

 

チラシなどが入ってくる地域限定で活動している小規模から中規模の引越し専門や運送業者(赤帽など)は特定の区間を専門としたスペシャリストとなっていることがあります。市内や同県内の市外の近い距離の引っ越しで効率の良い仕事をしてくれますが、特に東京と静岡間のような大都市圏間の引越しを得意としている業者もあります。なので引越し開始から終了までの作業が他業者よりも早く終わり、その分費用も安くなることに。

仕事や学業で忙しくてあるいは家庭の事情で引越し荷物の梱包などが出来ないと悩んでいる方はオプションサービス「おまかせパック」「楽々プラン」を利用してみてはどうでしょうか。お任せという通り本やCD、リビングにある細々したいろいろなものも梱包を行い引越し先ではダンボールから荷物を出し配置まで業者がすべてやってくれる最高のサービスです。基本プランにプラスしてオプション料金が上乗せとなりますが「こんなに楽に引っ越せる!」とリピーターが多いサービスなのです。先日の引越しで私も洒落でお願いしたのですが、噂に違わぬ素晴らしいサービスだと感じました^^。楽々パックは一から十までお任せするだけではなく、新居での荷解きは自分でやるというような部分依頼も可能な業者もありますので見積もりの時に聞いてみてはどうでしょうか。そうすることによってその分料金も節約することができることになりますからね。

複数業者との見積もり比較で賢い引越しを♪

東京⇔静岡間の距離は約200km。比較的距離があるので、料金にも影響してきます。
そのため、インターネットという文明の利器を如何にして使いこなすかが非常に重要な要素となるのです。

 

ネット環境さえあれば、簡単に複数の業者から見積もりが取れるということで、無料見積もりサイトの利用者はとても多いです。

 

今の時代、引越すときには無料見積もりサイトを利用し、少しでも安く抑えられればそれに越したことはないですよね★
せっかく便利なサイトがあるのですから、バンバン利用しちゃいましょう♪♪

 

独身者に人気のあるサービスとして単身引越しサービス(提供会社によって名前が違います)が知られていますが、単身の引越しであるからと言って、絶対に単身引越しパックを利用するのが間違いないわけではありません。トラックに詰め込めるサイズの専用の箱に荷物を詰め込めるだけ詰め込むサービスが単身用のパックとなりますが、思ったよりも荷物が多く、1基のボックスに入りきらない時にはもう1つ(あるいは2つ)専用のボックスが必要になり、ボックス×2の価格になる人も珍しくありません。こういうこともあるので単身パックは荷物量が極々少ない人向けであるという真実を確認しておきましょう。

 

定額サービスと思われがちな単身向けのプランですが、ご存知ワンルームパック(日本通運)は週末に利用すると価格が5,000円ほど上乗せされます。クロネコの単身プランはシーズン加算(引越しが集中する3月の後半から)されます。アリさんマークの引越社などの専門業者の1K・1DK・ワンルーム相当のプランは要見積もりとなるようです。

 

東京と静岡県間の単身引っ越しは複数の人が暮らす所帯が引っ越すのに比べて少ない荷物量のケースが多いのですから、安く済ますことが可能です。たとえば、専門業者から単身パックなどの特化されたサービスもあるので、独身サラリーマンの転勤などの時には利用出来るかどうか見積もりで比べてみてはよろしいでしょう。

 

 

東京⇔静岡間の引越し 一括見積もりサービスを利用して業者の価格とサービスを比較! >>> Click!!

 

安心・安全・安価な引越しがしたいなら、是非★無料見積もり★をお試しあれ!!

 

 

 

 

ある依頼を終わらせたトラックが、帰社ついでに違うお客の荷物を積んで運ぶというプランを「帰り便」といいます。移動距離が長ければ長いほど、費用を抑えることが可能になります。その一方で、完全に業者次第の方式となるので、それを了解できる方に向けた引越し方法です。
トラック帰り便を利用したいときは、業者の予定次第となってしまいますので、なかなか利用できない側面があります。ですが例えば、遠くへ引越す際は費用はかなり浮きますので、「なんでもいいから、安く引越したい!」という人にはオススメです。家具だけ引越す場合、東京や大阪の周辺であれば便もたくさんありますので、気になる方はまず業者に問い合わせてみましょう。

 

 

「東京から静岡に転勤かぁ…。よし、毎週富士山に登ってやるぜ!」
「静岡から都内に就職決定♪毎週末は渋谷でお買いもの♪」
このどちらの発言も、実現するためにはまず引越しを終えなければなりません。 まずは、自分が住む物件を探してきましょう。
問題はその後です!
引越し業者は、一体どのようにして探せば良いのでしょうか?
この現代、引越し業者の数は星の数。選択肢が多くて、どの業者を選んだらいいか迷ってしまう…ということはありませんか?

 

身の回りのものの梱包に欠かせないのがダンボールなのです。このダンボールの入手の仕方を知らないんだけど・・・、そんな風に心配している人も、たぶんいらっしゃるのではないでしょうか、引越し業者に頼むのなら業者さんから貰えます。ほとんどの場合は料金にダンボールが含まれていて実質的に無料でいただけますが、オプションで有料の業者もありますので東京と静岡県間の見積もり取得の際に確認をしてみてください。相場よりもかなり安い(あるいは安過ぎると感じる)業者に予約しようかという場合にはダンボールが無料提供されるのかどうか注意して比較しましょう。

 

 

「朝一便(またの名を「午前便」)」ですがこれは、一日の最初に行う引越し依頼のことです。朝8時か9時に始まる場合が多く、荷物の量や目的地を業者に早いうちに教えておけば、終了時刻の目安も伝えてくれます。当然ではありますが、代金は他と比べても高くなります。

 

午後便というサービス(?)もあります。これは東京と静岡県間の引越しをお昼以降にスタートするものです。とはいえ午後1番の13:00に業者スタッフがやって来るかは午前のスケジュールによりますので、部屋・家からの荷物搬出開始は未確定なので午後便は午前便よりも価格がたいがいが安く行うことができます。

 

午前便の良いところは、業者が始めに片づける案件となり、気力・体力共に十分ですので、不慮の事故を起こす可能性が低いのです。続いて、作業開始は朝8時もしくは9時くらいとほぼわかっているので、業者の来訪時刻についてはこれといって考えなくても良いのです。その上、引越し作業は昼頃にはほとんど終わっていますので、PMになれば積荷を解く作業が可能になります。

 

 

引っ越し会社が所有する「トランクルーム」なる存在について、留学・リフォーム等を契機とする引越しの際に使うと便利です。トランクルームと引越しがセットになっているため、別々の会社に依頼する手間が必要なくなりますし、それだけお安くなるということです。

 

引越し時に出る不用品を、リサイクルの業者にお願いするなどして綺麗にすることにより、ゴミの処分費用と、荷物がプラスされることによる引越し費用を節約することができます。
単身引越しはさほどの金額でもありませんが、家族皆の引越しであれば、上手く行けば、あらびっくり!数万円ほど料金を抑えられることもあり得ますよ!

 

引越の荷物についてですが、量はどれくらいになりますか?できる限り減らした方が、費用面でもお得になります。いらない物をリサイクルに出したり、思い切って捨てても良いでしょう。また、大型家電は荷物に含めず、最新型にアップグレードすることを推奨します。

 

引越の世界でおまけと言うと、3タイプ存在します。はじめに、見積りを取った際に業者からもらえる、米をはじめとした何かの品。次いで、引越し費用をおまけすることです。極めつけは、料金値引きはできなくとも、代替案として掃除等を別途対応して頂けます。

 

引っ越し会社決定の折、引っ越し会社からいくつかおまけをつけてくることがあります。そっちより、割引があるとハッピーな方もいるかもわかりません。そうはいっても業者から見れば、各所からの頂き物をわずかであれ、ご厚意で頂けるわけです。役に立つものも多いですよ。