引越し業者の「フリー便」とはどんなもの?

と言ってもフリー便は必ず午後遅くや夜から作業が始まることではないので、繁忙期に利用するのはそれなりにリスクも生じるかもしれませんが、繁忙期以外の季節なら通常となんら変わりないタイムスケジュールで引越しが行えることだってあり得ますから!そう遠くない距離の引越しなら朝1番に業者スタッフが到着する幸運に恵まれ12時までには作業のすべてが終わることだって十分にありえます。フリー便を使いやすい人は町内のような近所の引越しよりも距離がかなりある引っ越し〜北海道から東京、千葉から大阪など〜の時でしょう。引越しトラックをチャーターして当日で引越しが終了するような距離であるならどうしても午前中の早い時間帯からの搬出が欠かせません。でも新居への荷物搬入が当日不可能な区間では旧居からの荷物の運び出しが遅い時刻になっても荷物が引越し業者の倉庫などで一泊し次の日に長距離の運搬を業者が行い、新居へ荷物を運び入れる流れとなるなら特にフリー便で困ることもありません。

 

フリー便なるものは、引越する人が決めるのは引越しの日にちのみで、時間は業者が決めるという引越し方法をいいます。契約者が時間を指定することはかないません。業者があまり忙しくないのなら、早い時間に引越しを終えられる確率も高まりますが、基本業者がやってくるのは午後の仕事を終えた後です。そのため、作業開始が夕方以降になる公算が大きいのです。単身または家族の引っ越しの都合や、荷物量の多さなどからトータルで考えてフリー便を業者に頼むことがベストかもと思うならこの方法で引越しを考えても大丈夫でしょう。

 

フリー便をチェックしましょう。引越しを専門業者に依頼するとき、作業日だけ(開始時間未定)決定しておくことになります。引越し業者にとってその日に作業が組み込みやすくなるのでその分、通常よりも低価格になる引越し方法です。フリー便の値段の安さには、それ相応のわけがあります。例え問題なく予定通りの時刻に来るのならば、必ず見積書に載せてもらいましょう。「時間未定」などと書かれている、あるいは記載そのものが無い場合は要注意です!そのときは、何時に来るかわからないと思って良いです。お願いするときは、それを頭に入れておいて下さい。特記スべきフリー便の困る点は引越し専門業者がいつ作業のために到着するのか予測できないことです。それで引越し当日には念の為に朝には準備を整えておく必要が。なので作業も夜遅くにずれ込むこともあり、次の日に片付けがずれ込んだりします。