引っ越し業者の選び方はどのようにすればよい?

引越しは誰でも1度は経験がある大イベントだと思います。でもどこの会社に頼んだら良いのか、価格はいくらぐらいするのかってわからないですよね。サービス内容や引越しの規模によっても値段は変わってくるだろうし、同じ内容でも会社によって価格が違うように。

 

 

果たして引越しの相場っていくら位するものなのでしょうか?どんな引越しにいくらかかるのかは、消費者である私たちにとって関心の高いところですよね。どうせなら安くいいサービスを受けたいと思うのは当たり前のことです。

 

 

ここではいろいろな会社のサービス内容や価格を紹介ながら引越しの相場を見ていきたいと思います。人生における大イベントですから、出来るだけ詳しい内容や価格がどう決まっていくのかを知りたいですよね。どんなコースがあってどの位費用がかかるのか。急な引越しでも相場がわかっていれば引越し費用の捻出もしやすいものです。家族の引越しならなおさら価格は事前に徹底調査したいものです。3月や4月の相場が上がると言われている時期に引越しを予定しているならどのくらいの価格が目安となるのかを必ず把握しておくことです。そうすることによって不当な価格の業者を見破ることが出来るのですからね。

 

 

急な転勤などで引越しが必要になったとき、価格がある程度わかっていれば頼みやすいものです。今はインターネットで簡単に何社もの見積りが出せたり、サービス内容なども容易に調べられるようになりました。本当に便利になったものです。荷物や家財の多さとどこからどこまでを入力するだけで価格が表示されるのですから。

 

 

また、距離と時間がどのように影響してくるのか、荷物の多さや家財によって価格が変わってくるのか、単身パックではいくらくらいかかるのか、サービス内容は?そういった部分にも触れてみたいと思います。ここをご覧になって、引越しの相場っていくらくらいなのだろう、とわかってもらえたらいいと思います。引越し費用って意外に高いのですよね。あらかじめ相場を知っておくことによって、どの会社のどんなサービスを選んだらいいかがわかってもらえたらいいと思います。賢く使って安い安心な会社に依頼したいものですね。

 

 

信頼できる引越し業者を利用するのがベター

引越しをする際には、信頼できる引越し業者を見つけなければなりません。もちろん料金もリーズナブルであることが必要です。どのような方法で引越し業者を選ぶかは、人それぞれだと思いますが、基本的には引越し見積もり一括サイトを利用する方が多いのではないでしょうか?

 

訪問見積もりをしてもらい、安心だと思っていた引越し業者が、他社より高い見積もりだった場合や、家財の破損があっても、全く取り合ってくれないような業者もいます。引越し後に後悔しないように、しっかり引越し業者を見極めることはとても大切なことです。引越し業者と一言でいっても、さまざまな業者が存在します。

 

例えば、引越しを専門にしている業者、引越しもサービスメニューに入っている便利屋、運送会社、搬入・搬出などはしないだけの運送業者などさまざまです。単身赴任などの場合には、単身向けのサービスが充実している業者を選ぶことが必要です。引越し業者にも、得て不得手があると思います。しっかり、業者の比較と検討をすることが必要です。

 

細かく見積もりを提示してくれる業者もありますし、大雑把に受注しようとする引越し業者もあります。信頼できる引越し業者は、まず、連絡窓口の対応の良さ、そして訪問見積もりの際の営業マンの対応の良さなどを見極めることも必要です。そして料金です。破格な料金を提示するような引越し業者もあると思いますが、保険の加入がなかったり、正規に登録をしていないヤミ引越し業者も存在しますので、注意が必要です。

 

引越し業者の保険について

引越しをするときに1つ不安な点は、忙しく引越しをしている最中に、業者のトラックが何らかの事故に巻き込まれて、自分の家財が、部分的にであれ、全体的にであれ、損傷を被ってしまうのではないか、という可能性です。これは何も利用者だけが抱える不安ではなく、引越し業者からしても不安が大きいものです。その様なわけで、引越し事業者は、自主的に「運送事業者貨物賠償責任保険」というものに自主的に加入している場合がほとんどです。この保険に加入していることによって、通常、上限5,000万円までの家財の破損に関しては、もし損害が生じた場合にその補償がなされることになります。

 

ただし、この運送事業者貨物賠償責任保険は、 一部の高級品などに対しては、その適用がなされないというケースがあります。このような場合に備えて、さらに追加的に、今度は利用者の側の任意で加入する引越し荷物運送保険というものに加入しておくのが、より安心な選択となります。引越し業者は、とかく利用者との家財破損のトラブルを避けたいと考えていますから、見積もりの段階で、高級品があるような場合には、この任意加入の引越し荷物運送保険の案内をしてくることになります。

 

ちなみに先述の運送事業者貨物賠償責任保険は、利用者に保険料の負担はありませんが、後述の引越し荷物運送保険の場合には、少額ではありますが、利用者の側に負担が生じます。